風俗選びの落とし穴

狙っているくらいが丁度良いかも

彼女は悪く言うとあざとい系の風俗嬢でしたけど、個人的にはとっても楽しめました。確かに好みは分かれるかもしれません。もっと普通にしてもらいたいって思う人もいるかもしれないんですけど、自分は彼女のように計算高い風俗嬢は嫌いじゃないです。だってお客のためにしっかりと計算してくれているってことじゃないですか。裸になる時にも「届かないから外して」と背中を向けてきて。ブラジャーのホックを外せってことですけど、あざといとは思いますけど、でもそれはそれで楽しいじゃないですか(笑)そもそも風俗そのものが非日常的なものだと思うんです。だからあざとくていいんですよ。むしろそこで現実的なキャラになっても意味がないじゃないですか。とことん非日常を貫いてもらいたいって思うので、風俗ではこれくらいあざといくらいで丁度良いんです。後輩にそんな女の子がいたらまた違う印象でしょうけど、風俗であれば何ら問題ないんじゃないですかね(笑)

裸よりも興奮すると知ったんです

この前の風俗嬢、全裸にならなかったんですよね。上だけ下着をつけたままだったんです。初めはなんで脱がないんだろうって思っていたんですけど、むしろ脱がない方が破壊力が高まるってことに気付かされました。あれは彼女の作戦勝ちですよね(笑)シャワーの浴びた後も下着をつけてくれる風俗嬢はいましたけど、脱がないって言うのは斬新でしたね。でも裸を見せないって訳じゃないんです。ブラジャーは少しずらしてい野で、見たい部分は見えているんです。でも「全裸」ではないんです。その絶妙な格好が、かえってそそられたんですよね。普通風俗では全裸でのプレイじゃないですか。だから全裸同紙になるのは慣れているんです。でもあの日は自分は全裸でも彼女は厳密には全裸とは言えない状況。それがそそられたんですよね。。そして彼女、決して偶然そんな格好になった訳じゃなくて、確信犯ですよね(笑)男が興奮するってことを分かっているからこそだと思いますし。